丸太町やんがす (後編)★★★★☆【京都】

スポンサーリンク

後編スタート↓

刺し身2種

噴火湾のまぐろを見せて頂き。
燻製黄身醤油で頂きます。
うまい
黄ニラと迷い鰹の組合せが最高でした。
★北海道塩水雲丹にフルーツトマトジュレ
さっぱり。お口直しになる1品。
雲丹も濃厚やしバランスよし。
★つぶ貝と新蓮根
上からはカラスミがパラパラ。
良い塩味ですよね。
★鮑のフリット

北海道のカチョカバロチーズの塩味がいい。
ちょっと洋風で
★鮪頬肉のデミグラスソース

魚をでデミで食うのは初。
高鮮度のどんちっち
★どんちっち=ノドグロの焼き物
身は柔らかく脂がのってて、そのあたりのノドグロより上品な味わい。


★赤ハタ煮付けと栗土鍋ごはん
ハタが脂のってて甘辛くてうまい。
栗のホクホク感も良くて贅沢でした。胡麻豆腐の味噌汁と漬物
★柿の天ぷらに白味噌ソース
抜群の組み合わせ
★ヨーグルトムースに梅ゼリーがたらり
これうまっ
抹茶

本当に大将の松本さんは勉強熱心やわ。
新しい組み合わせには毎回驚かされる。

***************************:*:

丸太町やんがす

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください