上賀茂 御料理 秋山★★★★★【京都】

念願の秋山さんへ。上賀茂の静かな場所にあります。

素敵な雰囲気で料亭みたい、ミシュラン★店やし緊張。

この時点で心捕まれました。

まずは時間まで囲炉裏のある茶室へ。

黒豆茶を頂きました。
キャラの濃いお客さんが集まってたから、この中で殺人事件が起きて名探偵コナンに犯人を探されるようなシチュエーションでした(笑)※わかりにくいですね。

時間になりカウンターに通される。すごい素敵な調理場です。

挨拶頂いた秋山さんも気さくで楽しい人で緊張もとけました。
料理の説明も凄く丁寧。しかも勉強になる。

けんけん鰹(釣り上げた瞬間に自熱で腹が焼けるから即効で氷につけるそうです)

富山ホタルイカと九条葱のソース

菜の花に明石の海苔とタスマニアマスタードのソース

ナマコの卵巣の塩辛の干し物

金時ニンジン ウドの花びら

タケノコの木の芽和え

サッと火を通した蛤 小松菜の茎ソース

魚醤(いかなごの醤油)で焼いた西貝

殻の角が沢山ない物程、身に栄養がいってるから美味しい見分け方らしいです。

手長タコと春キャベツとタケノコのさつま揚げと鳴門のワカメとタケノコと菜の花の椀 聖護院蕪の花

春になったら明石に帰ってくる桜鯛(天然は鼻4つ)明石のアブラメ、明石のミル貝、羅臼の雲丹、壬生菜の花
羅臼の雲丹は関西でトップに入荷するそうです。

アブラメ

桜鱒、雲丹、ミル貝

けんけん鰹の藁焼き

スペシャリテ黒米のお粥

いかなごの巣揚げ山椒と蜂蜜

八寸

手長タコのオリーブオイルと山椒と塩で炒めた小鉢

干し柿とドライ梨とセリととうもろこしの白和え小鉢

サザエの器がタケノコのひめかわと聞き取れなかった食材2種類と梅肉と鰹で和えた小鉢

焼きタケノコと骨切り伝助穴子の炭焼きともち米の丼

タケノコと山椒と生湯葉と木の芽と赤大豆のにゅうめん 白菜の花

穴子ボーン

炭をセット

すっぽんスープベースの粕仕立てに桜鱒とセリと山ウドとタンポポ

土鍋ごはん
土鍋ごはんをお代わりする度にお供を出してくれる気遣いはさすが

漬物

胡桃味噌

スッポン山椒煮

最後のフルーツは

せとか、イチゴ、スナップパイン、マンゴーなど

先ほどの茶室に移動して、桜餅と生姜煎餅とともに沖山さん自ら抹茶をたててくれます。
本当に至福の時間でした。

因みに隠れミッキーもいました。

***************************

上賀茂 御料理 秋山

★ブログランキングに参加してます。良ければ「京都食べ歩き」をクリックしてください(–、)ヾ(^^ )「京都食べ歩きランキング」で順位も見て頂けます\(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください