板前てんぷら成生 ★★★★★【静岡】

スポンサーリンク

京都から静岡へ車で出発

ナガスパや。いきたい。「嵐」のりたい。

ついた~。京都から約4時間。

疲れたけど往復で10000円位。

新幹線より安くついた。

わくわくしますね。

蛤のお出汁は無茶苦茶濃厚でした。

疲れた体を癒してくれますね。

赤むつの刺身が2枚。

1枚は中に赤むつの皮が挟んでました。

やまぶどうをさばいてはります。

はじめて見ました。

ジュッとなる位すぐに天ぷらつゆへ

太刀魚は身がフワフワ過ぎて柔らかいし最高。くそ美味。この感じで最後までいかれたら泣いてまう。

8日間熟成させたあおりいかの食感は半端なかった。こんな食感ははじめて。

ヤングコーン・・・・。

まさかの髭まで美味い。

車エビは言う事なし。

てんぷらでは海老が主役やけど成世では他にも主役の候補が沢山あって目立ちません。

さっきまで生きてました。

海老味噌と頭は風味は半端ない。又出すタイミングが最高。

 

こしあぶらは独特の風味が山菜らしくて素敵。

 

やまぶどうは甘酸っぱくて新感覚。

めごちは関西ではあまり見かけない。

キスじゃなくて良かった。

玉葱をじっくり

 

たまねぎは高温→中温→余熱で火入れするから甘味が最大に引き出されてます。

キツネ色に炒めた玉葱の甘さ。

 

焼津のあじは究極に美味かった。魚とかわからん食感でした。やばい(涙)

新鮮で沢山の野菜が入ったサラダ

イカや貝柱も入ってました。

 

新じゃがはホクホクで分厚い皮がカリカリ。

ぎんぽは珍しいな~。

少しねっとりした魚でかなり濃厚な味でした。

 

はまぐりも極上でした。1番かな~。

7分のじっくり火入れでたまらん食感と旨味。

豆あじをかき揚げみたいに姿揚げしてくれました。

こんな小さい魚からこんな旨味がでるんや。

穴子

ジュッ

うまい。

骨まで

静岡米を使った。

漬物には削りたてのかつお節

天丼

天茶

天ばらを選べます。

天ばらは出汁

静岡の新茶とレモンで終わり。
素材から無駄な水分が出ないのは新鮮な証拠。だから油も汚れないし胃もたれもしない。最高の天ぷらでした。
そして2017年のNo.1店

いや、過去最高に美味しくて自分に合いました。
*************************

板前てんぷら成世
★ブログランキングに参加してます。良ければ「京都食べ歩き」をクリックしてください(–、)ヾ(^^ )

「京都食べ歩きランキング」で順位も見て頂けます\(^^)/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください