やんがす 前編 ★★★★★【京都】

スポンサーリンク

ひさびさのやんがすさんへ。

季節的にこれって言う素材が無い難しいシーズンですがここまで楽しませてくれる事に感謝しかありませんでした。

かわいい1品目。
★名物の最中
中には西瓜の奈良漬けとマンゴーにあん肝が入ってます。
マンゴーがあん肝の独特な臭みを抑えている。
あん肝の濃厚な部分だけが凄く引き立ってます。
組み合わせが素晴らしい。
★天竜川の稚鮎
川藻を食べてる鮎は青臭い風味があって。蓼(たで)の味噌 が香りを引き立ててくれてます。
鮎の下には無花果のソースが、苦味が焼き目を和らげたい人はこのソースをたっぷりと。
旬と旬の合わせ方が最高。
★鬼灯の器
中には毛蟹のほぐし身が。
毛蟹の美味さは説明いらず
しかもこんなにたっぷりな身。ジュレ酢の酸味が抜群。
★すっぽん唐揚げと冬瓜
すっぽんてほんまに旨味がすごいし、独特な弾力がたまらない。
優しいお出汁に新小芋のペースト。
たまらん。



★伊勢海老ととうもろこし
清涼感のある器、糖度が凄いとうもろこしとムール貝の出汁と一緒に。レアな火入れがされたバチバチ食感の伊勢海老がよい。
★岩手の石垣貝
シンプルに塩やわさびで。
こちらも火が入り過ぎてなくてちょうど良い食感。


★鮪の造り
こちらは北海道 噴火湾の鮪です。
燻製された黄身タレと岩のりソースを使い分けながら。
軽く炙られた鮪も入ってて、ソースだけやなく一皿で色々楽しめます。

***************************

やんがす

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください