陀らく ★★★★★【東京】

スポンサーリンク

渋谷の怪しい通りにある、隠れ家焼き鳥店。完全予約制の店。

下はアダルトショップ。

今ちゃんの実は・・で放送。
メディア・マスコミお断りの店ですが、関西ローカルやから取材をOKしたらしい。
おかげで素晴らしい店を知りました。
なんでも「わざわざこんな場所にきてくれはるお客さんを大事にしたい」「若者の街に大人の焼鳥」を・・がコンセプトらしいです。
扉をあけて


狭い階段を昇ります。

本当に狭い店

新鮮な鶏がずらり
常時約25種
ストップと言うまででてくるスタイル
いきがったお客さんも多かったですが・・・

こわっ
けど、これにはちゃんと理由があります。


付きだし
カボチャポタージュ
鶏ハンバーグ
この時点でうまかったしさ期待大

今日のオススメ
焼きチーズ
本日のお刺身を頼みました。

ささみ(ピクルス、マスタードシード)とズッキーニ

ささみを見てください。
1個ずつ焼き加減が違うんです。
左から大・中・小
大はレアでジューシーなあじわい。
たまらんくらいフワフワで柔らかくて衝撃を受けました。
ズッキーニもみずみずしくてうま

あちらこちらにある、恐怖のこの内容も順番に食感を味合えるようにとの店主の思いからくるものです。

焼きチーズ
ハチミツをかけて食べます。
苦手(本格的)なチーズでした。


ほろほろ鳥の砂ずりとハツの刺身
大山鳥の皮とむね肉
これを、生わさびと白レバーと醤油をつけて食べます。
これも衝撃
ウマイし柔らかいしなんなんや

せせり
油がのっててかなりジューシーでぷりんぷりん

3日間熟成させた赤鶏のもも
肉が弾けとんでました。

白レバー
一番焼くのが難しいとされています。
油の多いハツと一緒に焼く事で煙を出し軽く薫製した味わいになります。
これは火加減が左から小 大 小となります。
両脇は表面カリカリの中フワフワ
真ん中の大はレアで味わえます。

ハツ
噛むと肉汁が・・・すごい。
癖もないし・・一番ジューシーでした。

親鳥の白子
新食感でした。中々焼き鳥屋で見たことないです。

芽キャベツ
箸休めにちょうどよく、甘くて香ばしくて最高。

すなずり
シャキシャキのいっぴん

のどみ
せせりよりジューシーやった。
独特なレバーみたいなほどけるような新食感

きんしんさい
初めて食べたかも・・・
うまい

なんこつ
コリコリでうまい。

ひざがしら
最強にうまかった。
それに聞いたこともないし・・・
脂がのってて、コラーゲンたっぷりって感じ

つくね
なんか色々な部位の味がしました。
独特な味わい

手羽元
脂がのった表面カリカリの身

スープ
薄口で鶏の味を出しました!って感じのスープでした。

そぼろ丼
テレビで見た時は寿司でしたが今日はそぼろ丼。
そぼろ一粒一粒がしっかりしていて非常にうまい。
横にあるキノコいりのスープをかけて鶏飯のようにして食べます。

ウーロン茶✖3杯
値段は時価なのでドキドキしましたが、
込み込みで10000円位でした。
ワインが合う焼き鳥屋です。
お酒を飲んでる人は17000円位払ってはりました。
焼きの技もすごいし、希少部位も沢山頂け色々驚かされる店でした。
店主は弟子にかなりきつい対応で傍で聞いてて不愉快だったのですが、
最後に「遠い所からわざわざありがとうございました。」
と、声をかけてくれる気遣いがうれしかったです。
サービスを徹底してるからこその厳しさだったんだなと感じました。
陀らく
東京都渋谷区道玄坂2-6-8 2F
TEL:03-6416-1035
営業日:平日 17:30~24:00
土・日曜 17:00~23:00
定休日:第一月曜
駐車場:無

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください