第6回京都まるごとマルシェ ごちそうグランプリ

スポンサーリンク

関西の注目シェフが集まった祭典。
場所は堀川の興正寺
4月10日 11日 12日の開催。


さぁ!食いまくるぞー
入口で1人2000円のチケットを購入。
帰りに余ったら返金してくれはります。
とりあえず一通り回りました。


まずは ENTRATA さんで大山崎のタケノコを使ったバターソースパスタ。



注文が入ってから1つずつ丁寧に作り熱々を提供。

enseの筍を使ったバターソースの生パスタ800円
木の芽の風味が良いですねー。
もちもちの生麺にパルミジャーノやレッジャーノチーズが絡んで濃厚なパスタでした。
量は少ないので、まだまだ他の店いけますね。

一番の行列がここ
パリ21区さん
京都の店やし見送りましたが、マルシェ限定のアイスシューブリュレを購入。


カリカリのキャラメル生地の中にはカスタード風味のアイスが・・・これは400円
みんなが並んでるのは、ステーキでした。
続いては、リストランテ美郷さん

ポルチーニ茸と聞いたら食べずにはいられません。

ミートソースで炊いた米にエンドウ豆、モッツァレラなどを丸めてカリカリに揚げたスップリ。
ようはライスコロッケです。
ポルチーニ茸、フカヒレのスープを絡めて・・・
ボリュームは無し、ポルチーニ茸の風味も少なかった。美味しいけどいまいちかな。800円は高く感じた。

少し休憩

大阪から出店された、カレー屋ひろしさん


宮崎産日南鶏とゴロゴロ野菜のスープカレー800円
チーズとあおさ海苔をトッピングして200円
15分程待っていただきました。
中辛が1番甘いレベルで不安でしたがチーズや海苔でまろやかに。かなりボリュームあったし値打ちありました。
最後は、奈良のブラッスリーロワゾ・ブリュさんへ


ここもかなりの行列が・・

800円のヤマトポークを使ったフレンチバーグ。
ただ、かなり気になったのが
中の火が通ってるか確認するのに、ハンバーグの真ん中に割り箸を指して、唇の下に当てて、またそれを次のハンバーグに指してました。
ヒゲもはえてるし清潔感が無く気持ち悪かった。
お金払った後やったから逃げれないし[emoji:v-12] 良く中に火が通ってるか確認するのに竹串を使って肉汁が出たらOK
と言うやり方がありますが、肉汁は出てます。あえてそんな微妙な場所で熱を確かめる必要があるのか・・
プロのやり方があるので素人の私がゴチャゴチャ言いたくないが、オープンキッチンでやってるんやし・・・
熱の計測器とかさして調べたらいいやん。
唇やヒゲにあてるのはやめてほしかった。
若いシェフやしただ格好つけたいだけやったんかなー。って単純に感じました。


ソーセージみたいな弾力がありかなり美味しかったけど、真ん中辺りは捨てました。
潔癖過ぎですかね?
並んでたお客さんもざわついてましたよ。(笑)
すいません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください