Bruno(ブルーノ)★★★☆☆【京都】

スポンサーリンク

まだ珍しいソーセージダイニング。
京都の中心で、本場ドイツで学んだ自家製ソーセージと燻製料理が味わえます。



おでかけコンシェルジェでロバートさんも来てはります。


メニューは豊富で肉ばかりじゃない。






粗びき豚のフリッタータ
イカのトマトソースがお通しででました。
ボリュームあり。

野菜たっぷりグリーンサラダ 750円
ヨーグルトドレッシングで頂きました。

ブルーノのポテトサラダ 550円



ミュンヘンの白ソーセージ
レモンとパセリでかなり爽やか。
マスタードがあいます。
ボイルしたソーセージは半分に切って皮は食べずに中身だけを食べます。

九条葱と合鴨のソーセージ 750円
さっぱりしていてグリルされています。ポン酢で食べます。

豚のクッキー
特別なにかが美味いって感じもしなかったが、名物の「シャルキュトリー」を食べてないんで、それは次回チャレンジしてみたい。
Bruno(ブルーノ)
京都市中京区蛸薬師通油屋町146
TEL:075-255-4554
営業時間:月~土17:00~翌1:00
日ディナー 16:00~22:30
定休日:木曜日
駐車場:無

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください